安心・安全なお金の借り方

キャッシングは手軽にお金が借りられる便利なシステムですが、使い方を間違えば日常生活に支障をきたす事もあります。

 

お金を借りる時は、守らなければならない鉄則があり、それさえ守れば安心してキャッシングが続けられます。

 

返す当てのないお金は借らない

キャッシングは手軽にお金が借りられるというのがメリットです。「お金がないからお金を借りる」と言うのはごく普通の考え方でしょうが、単にお金がないからと言う理由だけで借りるのはおすすめできません。

 

たとえば、毎月の収入が慢性的に不足しているので、足らず分を借りるという場合があります。この場合、翌月の支払いは今月借りたお金の支払いを上乗せしなければなりません。

 

翌月の支払いはさらに増える事になり、返済のために新たな借入先を探す事になります。そういった自転車操業を繰り返していると、やがて多重債務者になり、あとは自己破産しかないという事になります。

 

キャッシングでお金を借りる時、特に確認しておきたい事は「返すあてのないお金は絶対借らない」という心掛けが必要です。

 

無駄なお金は絶対借りない

キャッシングに慣れてくると、「ちょっと余分に借りておこう」というような、必要以上のお金を借りてしまうことがあります。必要以上のお金を借りると、その金利も支払うことにもなるので「無駄なお金は一切からない」というのが鉄則です。

 

借りたお金は短期返済を意識する

キャッシングは短期利用で借りるのが一番理想的な使い方なのですが、返済が長期になる場合は繰り上げ返済などを重ねて、少しでも早く完済する事がポイントです。キャッシングはお金を借りた翌月から返済が始まります。

 

毎月返済額はほとんどが低めに設定されているので、楽な返済が続けられますが、毎月返済だけの支払では返済期間が長くなり、結果的に利息を含めた総返済額が多くなります。返済期間が短くなるほど支払い利息は少なくなるので、時期を見て一括返済をするか、お金に余裕がある時は、繰り上げ返済をして返済期間を短くする事を心がけましょう。

 

その他、やってはいけない事は数多くありますが、最低でもこれだけの事を守るだけで、日常生活の便利なツールとして、安心・安全のキャッシングが続けられます。