クレジットカードでキャッシングする

クレジットカードは社会人ならほとんどの人が持っているカードで、ショッピング機能を利用して、買い物や飲食代に利用する事が多いカードですが、クレジットカードにはキャッシング機能が付いているので、クレジットカードが一枚あれば買い物もキャッシングもできる便利なカードです。

 

クレジットカードなら手軽にお金が借りられる

クレジットでキャッシング

学校を卒業して初めて社会人になった時、取引先の銀行の担当者から「クレジットカードを作ってほしい」と頼まれた人も多いと思いますが、クレジットカードは買い物や食事などに利用できるショッピング機能以外に、キャッシング機能が付いています。

 

銀行の営業時間が過ぎていても、コンビニATMなどからクレジットカードでお金が借りられます。


クレジットカードなら当日審査は不要

クレジットカードの申込をすると、ショッピング枠とキャッシング枠を別々に審査します。

 

  • ショッピング枠の審査は「割賦販売法」という法律に基づいて審査があります。
  • 「割賦販売法」はクレジット取引をする場合の規則が定められています。
  • 申込書に記入した年収に基づいて、支払可能見込み額から利用限度額が審査で決まります。
  • キャッシング枠の審査は、消費者金融と同じで貸金業法に基づいた審査を受けます。
  • クレジットカードは貸金業法が適用されるので、収入が無ければキャッシン機能を付ける事は出来ません。
  • また、総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、これを越える融資は受けられません。

クレジットカードにキャッシング機能を付けておけば、審査はすでに終っているので、お金を借りる時、当日審査を受ける必要はありません

 

海外でも利用できるキャッシング

  1. クレジットカードのキャッシングは海外でも、キャッシングが可能です。
  2. クレジットカードを1枚持っていればあれば、両替をして常に現金を持ち歩く必要はありません。
  3. お金を引出しても両替手数料は不要で、提携ATMの利用手数料だけで借りられます。

普段、キャッシング枠を少なめに設定している場合でも旅行をする時は、一時的に利用限度枠を増やすことができるので、キャッシングカードのように改めて増額申請をする必要もないので、クレジットカードは使い方次第で利便性のある便利なカードです。